魅惑のグリルチキン

f0184049_22482994.jpg


意味深なタイトルでしょ?(笑)

私が最も苦手とするのがアジアン。
アジアンと言えば香菜のイメージが強くて、そして香菜が大の苦手なものだから、なんとなく
私には縁のないジャンルだな・・・なんて思っていました。

でも、香菜さえ入っていなければ麺やごはん物はむしろ好きな方。
家で作らない分、外で食べる機会に出会ったら、進んで選んでしまいます。

麺、ごはん物がいけるんだったら、きっと他も美味しいと思えるはず。レシピの創作をしている以上、
ここはやっぱり自分で作ってみないとね~と好奇心が沸き立ち、アジアンに欠かせないナンプラーを
試しに買ってみたのです。

その結果・・・・、すっかりはまってしまいました。^^

まずは初心者、もっぱらナンプラーを使った麺やごはん物ばかり作っていたおかげで、開封した
ばかりの瓶が瞬く間に空になってしまいました。(笑)
はまると繰り返し食べたくなるタイプです。^^;

アジアンはとっても複雑な味わいだと思っています。
辛いの?甘いの?酸っぱいの?口の中にいろんな味が混ざって一言で言い表せない
味覚が生まれます。

食べ慣れている方からすれば、私の感じていることは「へぇ?」と思われるかもしれませんが、
苦手意識が先立っていた私にとって、「どんな味がするの?」と頭で考えてしまったり、
何故か「一口食べてみたい!」と思ってしまう、何か得体の知れない物に近づきたくなる衝動、
それが”魅惑”なんです。^^

こちらは、こんなもんかな?の調味料で作ったマリネ液に漬け込んだチキンをグリル(オーブン)で焼いたものです。
よく作る”ハーブチキン”の手順に従ってみました。^^
すっかり気に入ってしまったので、早くもリピしてしまいそうです。^^
時間はかかるけど、簡単だしね。^^


◇材料(2人分)◇
鶏もも肉・・・・1枚
○にんにく擦り下ろし・・・・小1程度
○ナンプラー・・・・大1~大2
○はちみつ・・・・大1
○レモン汁・・・・大1
○鶏ガラスープの素・・・・小1
○白ワイン・・・・大1
○クミン・・・・適量
○オリーブオイル・・・・大1
塩・・・・適量
黒こしょう・・・・適量


◇作り方◇
①鶏肉の余計な脂を取除き、塩黒こしょうをまぶす。
②ビニール袋に○を入れてマリネ液を作り、鶏肉を入れてよく揉み込む。
③密封して冷蔵庫で半日程度漬け込む。
④汁気を切って、分厚いところは切り込みを入れ、縦半分に切る。
⑤耐熱皿に乗せ、オーブンで焼く。こんがり焼けたら出来上がり♪


本当は香菜を添えて・・・と言いたいところですが、苦手なのでパセリで代用しました!(笑)

f0184049_22485324.jpg



7.5寸皿: 九谷青窯
フリーカップ: 九谷青窯

↓ランキングに参加しています。2つのバナーをぽちぽちっとお願いいたします!!
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログへ

いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2009-03-30 23:15 | メイン(中華・その他)

<< 便利なポテトソース ごぼうの甘辛揚げ >>