ローズマリー香る!蒸し鶏 oishii

f0184049_2158242.jpg


普段だったらオーブンで焼いてしまうローズマリーと鶏肉の組み合わせ。
胸肉を使ったので、蒸し鶏にしました。

ローズマリーとにんにくスライスを乗せて蒸すだけ、という簡単なものですが、
さっぱりしつつも風味豊かに♪

写真はその蒸し鶏と新たまねぎをサラダ仕立てにしたものです。

ここまでたどり着くにはちょっとしたストーリーがありまして・・・。

f0184049_22225583.jpg


久しぶりにタジン鍋の登場!
蒸し鶏をお鍋で作るのだったら厚手のお鍋が最適です。^^
塩、こしょうを擦り込んだ鶏肉にワインを振って蒸すわけですが、蒸しついでにキャベツと
じゃがいもを投入~。
ローズマリーがほんのり香る蒸し野菜もこれまた美味!

f0184049_22143142.jpg


長ねぎと生姜を使った蒸し鶏もいいけど、たまにはこんなのもちょっとオシャレで
いいかもしれません!^^

◇材料(2人分)◇
鶏胸肉・・・・1枚
**下味**
塩、黒こしょう、白ワイン

ローズマリー・・・・2枝
にんにく・・・・ひとかけ
きゃべつ・・・・適量(オプション)
じゃがいも・・・・適量(オプション)

◇作り方◇
①鶏肉は分厚いところに切り込みを入れて厚さを均一にする。塩、黒こしょうをよくよく
  擦り込み、30分くらい寝かせておく。白ワインを揉み込む。
  キャベツとじゃがいもを食べ易い大きさに切っておく。にんにくはスライスしておく。
②厚手のお鍋に鶏肉を置き、にんにくスライスとローズマリーを乗せて、周りにキャベツを
  敷き詰める。その上にじゃがいもを乗せる。
③蓋をして強火にかけ、湯気が上がったら弱火に落とす。
④数分経って鶏肉の表面の色が完全に変ったら、火を止めて余熱で中まで火を通す。
⑤お鍋の中でそのまま冷まして出来上がり♪(染み出た肉汁をお肉に吸わせます。)


*塩は天然塩、味の濃い美味しい物を使うことをオススメします。^^


欲張りという言葉が適切なのか、手抜きという言葉が適切なのかは分かりませんが、
さらに蒸しついでにパプリカとアスパラガスを途中から投入して、バーニャカウダを作りました。

f0184049_22125838.jpg



美味しく食べたものの、蒸しついでが多すぎたせいで(笑)、鶏肉もバーニャカウダのソースも
余ってしまったのです。
そんなわけで、余った鶏肉は手で裂き、新玉ねぎのスライスと合わせてバーニャカウダ
ソースをドレッシング代わりにした、サラダ感覚の一品に変身させました。^^

f0184049_22264374.jpg



これ、とっても美味しくてオススメです♪
日頃、ハーブを「草」呼ばわりして余計なもの扱いをする夫にも美味しいと好評でした!
(何が何のハーブなんだか分からずに食べてます。笑)


正方皿、長方皿: 白山陶器

↓ランキングに参加しています。2つのバナーをぽちぽちっとお願いいたします!!
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログへ

いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2009-05-28 22:42 | メイン(洋食)

<< アボカドとそら豆の塩ナムル ジャージャー麺風肉味噌と野菜の... >>