ハーブ蒸し鶏のレモンクリームソース oishii

f0184049_050572.jpg


私がレモンのヘビーユーザーであることは、よく遊びに来てくださる皆様はご存知かと
思いますが、常に冷蔵庫の中に必ずある物のひとつ、必然的に登場回数も多くなるわけです。

今日のレシピはレモンを思いっきり感じられる1品です。^^

このクリームはレモン汁、レモンの皮、バター、生クリーム、白ワイン、蒸し鶏から出てきた
肉汁を合わせて作った物です。

鶏肉だって、レモン汁につけてマリネしているのだから、もうまさにレモン尽くし!

クリームソースとして仕上げているので、マイルドな酸味になります。

蒸し鶏は鶏ハムっぽい見た目ですが、1時間ほどマリネ液に漬け込んだ、ただの蒸し鶏なんです!
くるくる丸めてタコ糸で縛って蒸し、冷蔵庫で一晩寝かせてみたら鶏ハムチックな見た目に
なってくれました。
実際食べてみると、鶏ハムのあのしっとり具合と比較してみるとちょっと劣るくらい、時間のない時に
作る即席鶏ハムとしてはこれで十分だということを新たに発見してしまいました。^^

レモンの皮の黄色いつぶつぶの入ったクリームソース、アップで見えますかね~?^^;
f0184049_0524794.jpg



◇材料(2人分)◇
鶏むね肉・・・・1枚
天然塩・・・・適量
黒こしょう・・・・適量
乾燥バジル・・・・適量
はちみつ・・・・小1

**マリネ液**
にんにく擦り下ろし・・・・1かけ
白ワイン・・・・大1
レモン汁・・・・1/4個分
オリーブオイル・・・・大1/2


**レモンクリームソース(作りやすい分量)**
バター・・・・・20g
ワイン&蒸し鶏の肉汁・・・・50cc
生クリーム・・・・100cc
レモンの皮擦り下ろし・・・・1個分
レモン汁・・・・3/4個分
塩・・・・適量
水溶き片栗粉又はコーンスターチ・・・・適宜


ソースは余ります。
付け合せの野菜につけて食べるのがオススメ。
(蒸し鶏の背後に写っているのはアスパラガスとズッキーニをオリーブオイルでソテーした物。)

◇作り方◇
①鶏肉の皮を取り、はちみつ、塩、黒こしょうを良く擦り込む。乾燥ハーブを振りかける。
②ビニール袋にマリネ液を入れ、①の鶏肉を入れてよくよく揉み、冷蔵庫で1時間くらい
  寝かせる。
③くるくる丸めてタコ糸で縛り、耐熱皿に移す。湯気が上がった蒸し器に入れて
  8~10分程度蒸す。
④蒸し器から取り出して粗熱が取れるまで放置しておく。冷たい方が好みの場合は
  冷蔵庫で冷やす。
⑤フライパンにバターを熱し、ワイン&蒸し鶏の肉汁を入れアルコールを飛ばす。
  生クリームを加えてとろみが付いてきたらレモン汁、レモンの皮を入れて、塩で味を整える。


*蒸し鶏にはきつめに塩を擦り込む方が味が締まります。
*今回は乾燥バジルを使っていますが、お好みのハーブで代用可。
*レモンは皮を使うので防カビ剤を使用していない物を使ってください。
*ソースにとろみが欲しい場合のみ、コーンスターチか水溶き片栗粉を加えてください。
  ちなみに私は水溶き片栗粉を使いました。コーンスターチ、ないんですよ。^^;


f0184049_0561422.jpg



**毎度ながらコメントのお返事と訪問が遅れます。いつもすみません。
   明日の夜、まとめてお返事させていただきます!!**



↓ランキングに参加しています。2つのバナーをぽちぽちっとお願いいたします!!
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログへ

いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2009-07-17 01:09 | メイン(洋食)

<< 魚介とマンゴーのカクテルサラダ... うなぎの薬味和え サラダ仕立て >>