たたききゅうりの梅味噌とろろ和え oishii

f0184049_23191925.jpg


そろそろ夏も終わりに近づいてきていますが、梅雨が明けて暑くなってきた頃、夫が
「生のきゅうりをバクバク食べたい!」と意気揚々に言い出したもんで、最近では
スーパーにお買い物に行く度にきゅうりを買っています。
高級なお肉を食べたいと言われたわけでもなく、きゅうりだったらお安い御用ってなわけで。(笑)

ここで言う「生のきゅうり」とは、本当ににきゅうりそのまんま、全く手を加えていない状態で
マヨネーズでも付けて食べたい!という希望なのですが(推測)、お料理ブロガーの妻、
そのまま食卓に出さず。(笑)
毎回何かしら、私流のおかずに変身させちゃってます。

叩いて薄めの塩で塩もみしたきゅうりをすり胡麻入りの梅味噌で和えてしばらくおき、味を
染みこませます。そこにとろろを入れて混ぜるだけ!

仕上げにお約束の大葉と差し色としてみょうがも添えて・・・。
お箸が止まらないおかずってこういう物のことを言うんでしょうね。
パクパク、ずずっと食べて、気付けば1人できゅうり1本楽々完食です。^^

f0184049_2324683.jpg



梅味噌と言っても、残念ながら梅をお味噌に漬けた物ではありません。
さすがにそこまで手が回らないので単に梅肉とお味噌を合わせました。^^;
来年あたり、本当の梅味噌にチャレンジしようかなぁ~。

f0184049_23253847.jpg


◇材料(2人分)◇
きゅうり・・・・2本
長芋・・・・100g~程度(お好みで)
大葉・・・・適量
みょうが・・・・1本
○梅肉・・・・梅干中サイズ2個分
○味噌・・・・大1
○みりん・・・・大1/2
○擦りごま・・・・大さじ山盛り1

◇作り方◇
①きゅうりは縦半分に切って、綿棒などで叩いてから好みの大きさに切る。
  長芋は摩り下ろし、大葉、みょうがは細切りにしておく。
②きゅうりに塩を薄く振って塩もみしてからしばらく置いておく。○を合わせておく。
③きゅうりを水で洗い流し、キッチンペーパーに包んでぎゅっと水気を切ってから
  ボウルに移し、○を入れて和える。数十分置いておく。
④摩り下ろしたとろろを加え、器に盛り付ける。大葉、みょうがを乗せたら出来上がり♪


*梅干は塩分5%のものを使用しています。
  お使いの梅干に応じて味噌の量は調整してください。
*予め塩揉みをして水分を絞っておくと、時間が経っても水っぽくなりません。
  また、きゅうり特有の青臭みも取除けます。


f0184049_23345236.jpg


みょうがを乗せるの忘れてます。^^;

昨日載せた水餃子の日の副菜でした。
餃子は焼きじゃないと嫌だ!という夫には焼き餃子。
ダイエッターなら水餃子にしないと、ねぇ?^^




ガラス小鉢・・・・井上美樹
小皿・・・八木橋昇

↓ランキングに参加しています。2つのバナーをぽちぽちっとお願いいたします!!
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログへ

いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2009-08-20 23:53 | 副菜(和食)

<< たっぷり大葉のアジアンビーフン 蒸し鶏と野菜の大葉味噌麺 >>