手羽大根の味噌煮

f0184049_927187.jpg


鶏手羽に大根というゴールデンコンビの煮物、定期的に食べたくなります。

以前にもお醤油xバルサミコ、お醤油xカレー粉で味を付けた2パターンほどご紹介していますが、
今回は味噌煮。
ご飯やお酒が進むこっくり味噌味に、バルサミコ酢を加えました。
ただでさえ煮込めば骨はがれがよくなって柔らかくなる鶏肉の煮物、お酢を加えることでさらに
柔らかく仕上がります。^^


f0184049_9283187.jpg



◇材料◇
鶏肉手羽元・・・・5本
大根・・・・1/3本(細身のもので)
生姜・・・・適量
出し汁・・・・500cc程度
砂糖・・・・大1と1/2
みりん・・・・大1
酒・・・・大3
味噌・・・・大2と1/2
バルサミコ酢・・・・大1

白髪ねぎ、クレソンなど

◇作り方◇
①大根は2cm~2.5cmくらいの厚さに切り、皮を剥く。半月切りにして面取りをする。
  柔らかくなるまで下茹ででする。
  手羽元は切り込みを入れて熱湯でさっと湯がき、水で洗ってザルに上げておく。
  生姜はスライスしておく。
②お鍋に出し汁、生姜、手羽元を入れ、煮立ってアクが出てくればすくう。
③②に砂糖、酒、味噌、バルサミコ、大根を入れ、再び沸騰したら中火に落とし、落し蓋をして煮る。
④途中で落し蓋を外す。みりんを加えたら火を強め、たまにお鍋をゆすりながら煮汁が少なくなるまで
  煮詰める。
⑤器に盛り、白髪ねぎ、クレソンを乗せたら出来上がり♪



f0184049_9302939.jpg



煮物って丁寧に作り込むと、手抜きした時に比べて仕上がりの違いがはっきり分かるお料理
だと思います。

粉末の出汁を使う場合と、自分で出汁を取った場合では味の奥行も違うし、下ごしらえをきちんと
すれば臭みが取れたり味の染み込み方も違うし、お野菜の面取りもきちんとすると、煮崩れも
防げるし、そう簡単に煮崩れしない大根ですら、面取りをすると器に盛り付けた時、視覚的に
柔らかな印象を受けたり。

毎回こうして作っているわけではありませんよ。^^;
手抜きをすることだって多いにあります。

煮物の作り方に”愛情レシピ”、なんてサブタイトルが付けられることがよくありますが、これには納得。
手間隙かけて作る煮物には、それなりの美味しさが約束されているなって思うのです。^^

ちなみに、私はどういうわけか大根の面取りが好きです。
面取り作業そのものが好きなわけじゃなくて、面取りされてよく煮えた姿が好きと言った方が
正しいかな~。^^


++++気まぐれレシピで作ってくれました♪++++

♪ tonkichiさん「オニオンパプリカドレッシング」を作ってくれました。
  さすが、仕事が早い~!いつもつくレポ、ありがとう♪

♪ nekonohana0330さん「根菜の和風ドライカレー」を作ってくれました。
  美味しく出来ました!とおっしゃっていました。嬉しいわ~。^^ありがとうございます!




コメントのお返事は、ブログのお持ちの方へは訪問した際に、ブログをお持ちでない方には
本日の記事でさせていただきます。皆さんいつもありがとう!



↓ランキングに参加しています。訪問の記念にぽちぽちっと2クリックお願いいたします。
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2010-01-23 10:00 | メイン(和食)

<< 菜の花の生ハム巻き 柚子が香る♪春雨白菜サラダ >>