大豆ときのこの炊き込みごはん

f0184049_8581072.jpg


大豆の甘味、きのこの旨みを噛みしめながら食べたい玄米の炊き込みごはん。
私の大好きなメニューです♪

これは白米より、玄米を使う方が絶対に美味しい!
玄米に大豆ときのこ、と聞けばすごく素朴な感じがするけど、噛めば噛むほど味が
深くなって、そこが醍醐味と心得ています。^^

多分10代~20代前半の頃だったら、このごはんを美味しいと思っていなかったかも
しれません。毎日パスタでもいいな♪なんて思っていた時代もありました。
しかもコテコテのソースが絡んでいる物を・・・。
一通り色んな物を食べてきたからこそ、素朴な味を楽しめるようになったのかも。
ん?違うか、歳取ったからよね。(笑)

使うきのこは何でもいいと思うのですが、個人的にはまいたけがお気に入りです。
味が濃いので玄米によく合うと思うんですよね~。
ま、この辺は好みの問題ということで!^^

味付けはシンプルに塩昆布と昆布茶のみです。
糖類は使わず甘味は大豆にお任せ~。

私のイメージでは、”精進料理”です。

◇材料(1.5合分)◇
玄米・・・・1.5合
乾燥大豆・・・・1/2カップ
まいたけ・・・・1パック
塩昆布(減塩タイプ)・・・・2つまみ
昆布茶・・・・小2

◇作り方◇
①大豆は水に漬けて1時間ほど置く。
②玄米を炊飯器にセットし、玄米用のメモリまで水を入れる。
  昆布茶を入れてぐるぐる混ぜる。塩昆布、大豆、まいたけを乗せてスイッチオン!
③炊き上がったらざっくり混ぜて、数分蒸らしたら出来上がり♪


f0184049_8584688.jpg

ミニサイズの鰆の西京漬け、ほうれん草のお浸し、切干大根の煮物、お味噌汁のセットで
「和定食」。(決して「和御膳」とは言えない・・。ふふ。笑)


今回のお豆ときのこのレシピ特集、実はあるテーマがあるのです。
ワールドワイドなレシピ、ということは昨日の記事で触れましたが、調理方法に変化を
持たせる、ということも取り入れてみました。
イタリアンのつもりで作ったビーンズデリは「煮る」、インド料理のタンドリーチキンビーンズ
「炒める」、タイ料理を目指したのに中華料理っぽくなったことを否めない(^^;)
大豆のアジアンハンバーグは「焼く」、今回の炊き込みごはんは和食で「炊く」、でした。
ここまで種明しをすると、次に登場する物が想像付くかも?!


***
先日、バトンの記事に掲載した”コーヒーと黒糖風味のバナナケーキ”は、なかしましほさんの
レシピではなく、福岡直子さんのレシピで作ったバターを使うケーキです。
しっかり100g使っています!

これもまた最近買ったレシピ本だったので、紛らわしい文章になってしまいました。
一部の方がしほさんのレシピだと思われてしまったのようなので、ここで訂正しますね。
間違われた皆さん、ごめんなさいーっ!


++++気まぐれレシピで作ってくれました♪++++

♪ つくしさん「ビーンズデリ」を作ってくれました。
  うひひさんのタンドリーチキンの付け合せにしてくれてました。このコラボが嬉しい♪
  ありがとうございます。^^


コメントのお返事は、ブログのお持ちの方へは訪問した際に、ブログをお持ちでない方には
本日の記事でさせていただきます。皆さんいつもありがとう!


↓ランキングに参加しています。訪問の記念にぽちぽちっと2クリックお願いいたします。
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2010-03-11 08:10 | ご飯もの

<< 玄米サラダ 大豆のアジアンハンバーグ >>