帆立と切干大根のアジア風煮物

f0184049_16591998.jpg


シリットの圧力鍋、シコマチックT-プラスを使ったレシピの第3弾です。

切干大根の煮物を作ってみました。
帆立の缶詰を汁ごと使い、その旨みを切干大根に吸わせます。

圧力を1分半かけただけ、じっくり煮込んだわけではないのに、味染み染み~の
煮物が出来ました♪

ナンプラーを小さじ2ほど加えていますが、帆立の味がしっかり効いているので
それほど主張はありません。なんとな~く、そこはかとな~く、アジアンな煮物です。^^
アジアンに欠かせない香味野菜、私はパクチーが苦手なので、三つ葉で代用しました。
ちょっとしたアクセントになるので、何かしらの香味野菜は加えた方が美味しいです。^^

糖類は使っていません。
帆立ってほんのり甘さを持っているし、こんな煮物だったら自然の甘味で十分!

◇材料◇
切干大根・・・・40g
帆立缶詰・・・・1缶
三つ葉・・・・適量
唐辛子輪切り・・・・適量
ナンプラー・・・・小2
酒・・・・大1
水・・・・200cc
ごま油・・・・適量

f0184049_935620.jpg

◇作り方◇
①切干大根はさっと洗い、数分水に浸けてぎゅっと絞る。三つ葉はざくざく切っておく。
②圧力鍋にごま油を熱し、唐辛子を入れて辛さを引き出す。切干大根を加えて炒める。
③水、帆立缶(汁ごと)、酒、ナンプラーを入れて蓋をする。
  圧力調整レバーを1にセットして強火にかける。
  圧力表示ピンが1本目の白いラインまで上がりきったら弱火で1分半加圧。
  その後、火を止めて自然放置。ピンが下がりきったら蓋を開ける。
④弱火で少し煮詰めて火を止める。三つ葉を加えたら出来上がり♪

f0184049_170035.jpg


実はこれ、リベンジなんです・・・。
最初に作った時、蓋のパッキンを付け忘れてしまったのです。
何でこんなに蓋と本体の収まりが悪いのかしら?と思いながら、強火にかけて・・・・。
いつまで経っても圧力表示ピンが上がってこない、そしてついには香ばしい匂いが!

付け忘れに気づいた時には既に手遅れ。切干大根が焦げ焦げに~・・・。(涙)
(帆立のエキスを吸って焦げた切干大根は、スルメみたいな匂いがするのよ。笑)

でもね、びっくりしたのが洗い物に苦労しなかったこと。
ちょっと水に浸してからスポンジで擦っただけで、焦げが簡単落ちました。^^
失敗しちゃったけど、焦げを落としやすいという報告事項がひとつ増えたから、
これも無駄な経験ではなかったと思います。はは。^^;



***
今日はこれからお出かけです。
出たり入ったりで用事をいつくかこなさなければならないので、訪問は夕方~夜くらいに
なりそうです。ごめんなさいっっ!


コメントのお返事は、ブログのお持ちの方へは訪問した際に、ブログをお持ちでない方には
本日の記事でさせていただきます。


↓ランキングに参加しています。訪問の記念にぽちぽちっと2クリックお願いいたします。
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2010-05-13 09:19 | 副菜(中華・その他)

<< 里芋deおかず大学芋 サーモンのムニエル 大人味のタ... >>