里芋deおかず大学芋

f0184049_8413958.jpg


さつまいも、実はあんまり好きじゃないんだよね~って夫に告白されたのは
結婚して何年も経ってからのこと。
里芋だのじゃがいもだの、お芋の類は結構好んで食べる人なので、意外な発言に
びっくりしたものです。
さつまいもだって今まで食べていたじゃないの~!!

理由を聞いてみると、食べようと思えば食べられるけど、口の中の水分を
奪われるのが気に入らないそうで・・・。
うーん、言われてみれば確かに。
さつま芋を食べると飲み物は必須かも・・・。^^;

そんなわけで、大学芋は里芋で代用して作ることが多いです。
おやつ、ではなくおかずとして。
おかずなので、おしょうゆ味はしっかりと。
甘辛く仕上げます。

いつもは素揚げにしていますが、今回はヘルシーに揚げ焼きで作りました。
(揚げて甘辛く味を付けるから要は”甘辛揚げ”なんです。)
そう、ここでシリット「シコマチック Tプラス」の出番です!

まず始めに、里芋に圧力をかけて蒸します。
その後、少し多めの油で外側をこんがり焼いて、甘辛いタレを絡めれば完成♪

シコマチックTプラスは蒸し器も付属で付いています。
根菜類の下処理にもってこい♪
圧力をかけなければ、普通のお鍋感覚で蒸し器を使うこともできるので、
用途の幅はかなり広いと思います。^^

◇材料◇
里芋・・・・約250g(皮を剥いた状態で)
きび砂糖・・・・大2
醤油・・・・大1
水・・・・大1
白ごま・・・・適量
サラダ油・・・・適量

f0184049_8423865.jpg

◇作り方◇
①里芋は皮を剥いて一口大に切る。○を合わせて甘辛タレを作る。
②圧力鍋に水200ccを注ぎ、蒸し器をセットして里芋を乗せる。
  蓋をして圧力調整レバーを2にセットして強火にかける。圧力表示ピンの2本目の白い
  ラインが見えたら弱火に落とし、約2分半加熱。
  火を止めて自然放置する。ピンが下がりきったら蓋を開ける。
③フライパンにサラダ油を多めに熱し、里芋を転がしながら焼く。
  全体的に焼き色が付いたら 一度取り出す。フライパンに残った油を拭き取る。
④里芋をフライパンに戻して火を付け、合わせておいた○をじゃっと流し入れる。
  フライパンをゆすりながら満遍なく絡め、白ごまを振ったら出来上がり♪

◇memo◇
*加圧時間は里芋の大きさによって調整します。
  大きいサイズであれば約3分くらいが適当です。

f0184049_8439100.jpg

ごまの振り方がビミョ~なのは見逃して~・・・・。^^;


++++気まぐれレシピで作ってくれました♪++++

♪ sayuri118さん「タコライス風ロコモコ」を作ってくれました。
  はまりそうってコメントを頂きました!ありがとうございます。^^

♪ 鈴木さん「チキンのスパイシーマスタード煮込み」を作ってくれました。
  圧力鍋を使わなくても作れますよね!私も手にするまではお鍋でコトコト煮て
  作っていましたよ~。ありがとうございます。^^

♪ mikaさん「チキンのスパイシーマスタード煮込み」を作ってくれました。
  ハーブを多めに入れてアレンジしてくれました。お嬢さんにも気に入ってもらえたようです。
  嬉しいな。^^ ありがとうございます♪


コメントのお返事は、ブログのお持ちの方へは訪問した際に、ブログをお持ちでない方には
本日の記事でさせていただきます。


↓ランキングに参加しています。訪問の記念にぽちぽちっと2クリックお願いいたします。
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2010-05-14 08:45 | 副菜(和食)

<< キャラメルクリーム 帆立と切干大根のアジア風煮物 >>