信楽焼 文五郎窯の陶器

先日、滋賀県信楽にある「文五郎窯」に行きました。
文五郎窯の存在を前から知っていたわけではなく、岐阜・京都の旅行中にネットで食器を探していたらたまたま出会ってしまい、そして一目惚れ☆
ネット販売しているお店をいくつか見つけましたが、せっかく近場にいることだし直接窯元まで出向いて実物を見てみたいな~なんて思って、立ち寄ってみました。
ギャラリーにはステキな器ばかりが並んでいて、もうそれはそれは心が躍り、全部買い占めたい衝動に駆られたほどです。


今回お買い上げの品をご紹介します^^
f0184049_14414538.jpg
f0184049_14412040.jpg

この2つは同じ物です。リバーシブルになっていて、表と裏、どちらも使えます。お皿でリバーシブル・・・この発想に心惹かれました♪どちらも私の休日の朝食用に使ってみました。このようなワンプレートもいいし、盛り皿にもちょうど良いと思います。


リバーシブル皿には長方皿もあります。
f0184049_14424110.jpg
f0184049_1443581.jpg

上は休日の夫の朝食セットです。
表も裏もどちらも様になります^^


こちらは十草柄の小鉢。
ヨーグルトなんて入れてみました♪
作家の奥田章さん曰く、ここまでしつこく線を描く作家は早々いない・・・とのことでした^^
f0184049_14451371.jpg



こちらはオランダ皿。
大きなリムと刷毛模様が特徴です。
ものすごくモダンな和食器♪一番最初に目に止まった作品です。
f0184049_14494047.jpg



やっぱりパスタが似合うでしょうか?
f0184049_1448251.jpg



こちらは箸置きです。
黒と白、2本の組み合わせ。長さがあるのでフォークレストにばっちりです。柳宗理のカトラリーと相性抜群だな~なんて思います。
f0184049_1541131.jpg



作家の奥田章さんはとても親切な方でした。製作中だったにも関わらず手を止めて、なかなか決められず「う~む・・・。」と唸る私に大変丁寧に対応して下さいました。
細かな手法や作品に対する想いなどをたくさんお聞きし、本当はまだまだ欲しいものがあったのですが、お財布の事情もありようやく決めた5品。
実際に作っている方にお会いして、じっくり吟味して購入した品かと思うと、本当に愛着が沸いてしまいます。大事にしなければ・・・。
奥田さん、ありがとうございました!(箸置きは本当に感謝!です。)


↓ランキングに参加しています。2つのバナーをポチポチっとお願いいたします!!

にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ

by marron_coron | 2008-10-18 15:30 |

<< イタリアンイカめし ゴボウのカレーかき揚げ >>