イタリアンイカめし oishii

f0184049_22163323.jpg


なんと、驚いたことに「カリカリ高野豆腐スナック」
の今日のイチオシに選ばれました~♪こんなことってあるのね~ってちょっと舞い上がっています。こちらは前に使っていたブログです。


さて、今日は休日ならではのメニューです。
以前、基本のイカめしを作ったのですが、材料はほとんど計量せずに作ってしまったので、今日はレシピを残すためにしっかり計量してみました~。

イタリアンらしく、もち米に玉ねぎ、バジル、オレガノ、そしてモッツァレラチーズを入れました。今日のこだわりはこのモッツァレラチーズ。トマトソースにはやっぱりチーズです^^
煮込む前のもち米に混ぜ、煮込んでいる間にソース全体にも味が馴染んで本当に美味しく仕上がりました^^
このレシピは力いっぱいオススメしたいと思います。
普段食事に対してあまりコメントのない夫からも「美味しい♪」の一言があったので、
さらに舞い上がっております^^
我が家、圧力鍋がないので、手間のみならず時間も結構かかりましたけど^^;


◇材料(イカ2杯分)◇
イカ・・・・2杯
エビ・・・・8尾
アサリ・・・・200g
もち米・・・・1カップ弱
玉ねぎ・・・・1/2個
モッツァレラチーズ・・・・適量
トマト水煮缶・・・・1缶
水・・・・200cc
白ワイン・・・・100cc
ニンニク・・・・1かけ
塩・・・・適量
ブラックペッパー・・・・適量
バジル・・・・適量
オレガノ・・・・適量
オリーブオイル・・・・適量

◇作り方◇
**下準備**
A.もち米は洗って半日程度水に漬けておく。使う30分前にはざるにあげておく。
B.イカは両面を酢に漬けて、皮を柔らかくしてから剥く。
  ゲソは吸盤を取って細かく切っておく。
C.ニンニクをみじん切りにする。フライパンにオリーブオイルを熱し、半分の量を炒め、
  香りが立ってきたらトマトの水煮を加え、塩、ブラックペッパーで味を整えて少し
  煮込んでおく。

①玉ねぎをみじん切りにする。モッツァレラチーズは1cm角程度に切っておく。
②フライパンにオリーブオイルを熱し、残りのニンニクを炒めて香りが立ってきたら
  玉ねぎを加えて透き通るまで炒める。ゲソを加えてさらに炒める。
③塩、ブラックペッパー、バジル、オレガノ、もち米を加えて少し炒め、バットなどに
  移し替えて冷ましておく。冷めたらモッツァレラチーズを加える。
④イカに③を7~8分目まで詰めて、入り口を楊枝で留める。
⑤下準備したCをお鍋に入れ、④のイカ、水、白ワインを加えて蓋をして弱火で煮込み
  出す。塩、ブッラックペッパーで味を調整する。
⑥エビは殻を剥き、背わたを取って洗う。フライパンにエビとアサリを入れ、
  白ワイン(分量外)を振って蓋をして蒸し焼きにする。
⑦⑤を40分程度煮込んだら、⑥を加えてひと煮立ちさせて出来上がり♪



◇大満足だった本日の夕食◇
f0184049_22513750.jpg

メインディッシュに時間がかかったので後は質素に・・・

イタリアンイカめし
カプレーゼ
サラダ

◇今日の食器◇
スープボウル MIKASA
ガラス食器 GLASAX
ランチョンマット CHLEWICH
カトラリー 柳宗理



そしてそして、こんなデザートはいかがですか?
f0184049_2257171.jpg


バニラアイス シナモン風味のリンゴ煮添え

このリンゴ煮はこの時期、かれこれ10年以上前から何度も何度も繰り返し
作っています・・・^^:
今日みたいにアイスに添える他、食パンに乗せたり、ベーグルにはさんで食べてます☆

作り方はいたって簡単。細かく切ったリンゴとレーズンをお鍋に入れて蓋をして弱火で
煮るだけです。お砂糖は一切使いません。リンゴとレーズンの甘味があれば十分^^
リンゴの水分だけでも煮えるのですが、水分があまりないハズレのリンゴだった
時だけ少しお水を足します。

仕上げにたっぷりのシナモンとラム酒を加えて出来上がりです♪


↓ランキングに参加しています。2つのバナーをポチポチっとお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ

by marron_coron | 2008-10-19 23:23 | メイン(洋食)

<< スパイシーチキン オニオンソース 信楽焼 文五郎窯の陶器 >>