タグ:鶏肉 ( 73 ) タグの人気記事

蒸し鶏とズッキーニのねぎ塩和え oishii

f0184049_8194057.jpg


ズッキーニをごま油で調理することにすっかりはまっています♪
今シーズンのズッキーニレシピはこの路線で行こうかな~、なんて。^^

塩きんぴらを作った時、1人で1本食べてしまったので、今回は蒸し鶏と
合わせてかさ増ししました。
これだったら夫婦でシェアできます。
お野菜をお肉でかさ増し?普通逆よね・・。はは。^^;

味付けはねぎ塩ダレでさっぱりと♪
後を引く美味しさです。

◇材料◇
鶏むね肉・・・・1/2枚
(下味:塩、酒、生姜スライス2枚、ねぎ青い部分少し)
ズッキーニ・・・・1本
ごま油・・・・適量

**ねぎ塩ダレ**
長ねぎ・・・・1/2本
鶏茹で汁・・・・全部
レモン汁・・・・大1
酒・・・・大1
塩・・・・適量
黒こしょう・・・・適量
ごま油・・・・大1/2

◇作り方◇
①鶏肉に塩を振り、耐熱容器などに乗せる。
  生姜とねぎの青い部分を上に乗せて酒を振り、容器の蓋をするまたは
  ラップをふんわりかける。レンジで加熱してそのまま冷ます。
  粗熱が取れたら手で裂きボウルに移す。(出てきた茹で汁はとっておく。)
②ズッキーニを拍子木切りにする。長ねぎは粗みじん切りにする。
③フライパにごま油を熱し、ズッキーニを焼きながら炒める。
  軽く塩、黒こしょうをする。①のボウルに移す。
④フライパンをキッチンペーパーでさっと拭き取る。
  再度ごま油を熱して長ねぎを炒める。しんなりしてきたら鶏肉の
  茹で汁と酒を加える。
  塩、黒こしょうで味を整え、仕上げにレモン汁を加える。
⑤①のボウルに④を入れて和えたら出来上がり♪

◇memo◇
*お好みで冷やして食べてくださいね♪

f0184049_8213877.jpg

ねぎ塩ってどちらかと言うと夏向きの味わいだと思うんですよね。
なのに、長ねぎは冬野菜・・・。夏は高くなりますよね~。
大好きなねぎ塩ダレの生産が困難に。><
あぁ、悲しきかな、現実。されど作ってしまうのもまた現実。(笑)
10円でも安い長ねぎを買い求めて夏を凌ごう・・・。


蒸し鶏はルクエで作りました。お肉がふっくらと仕上がります。^^




コメントのお返事は、ブログのお持ちの方へは訪問した際に、ブログをお持ちでない方には
本日の記事でさせていただきます。


↓ランキングに参加しています。訪問の記念にぽちぽちっと2クリックお願いいたします。
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2010-06-14 07:44 | メイン(中華・その他)

チキンのスパイシーマスタード煮込み

f0184049_8591438.jpg

先日イベントに参加した、シリットの圧力鍋が届きました♪
新商品の「シコマチック T-プラス3.0」です。

人生初の圧力鍋、素敵な頂き物にすっかり浮かれています。^^
カラフルなお鍋たちを目の前に、白と黒、どっちにしようってさんざん迷って白を選びました。
数種ある色の中でも白が一番出ていないとイベントの時に伺いましたが、実際使ってみると
シンプルですっきり見えて、いいですよ~♪
f0184049_8595724.jpg


圧力鍋がやってきたらまず作ろうと決めていた物。
それはお肉の煮込み料理とごはん。

私の中で、圧力鍋と言えばお肉が短時間で柔らかく煮える、お米も短時間で
ふっくら炊き上がる、この2つのイメージが一番強かったので、何よりも先に
試してみたかったのです。

早速作ったのは、手羽元とじゃがいもをカレーに欠かせないスパイス類と
一緒に煮込んだ1品。マスタードと生クリームを加えて仕上げました。
生クリームを加えることで、少しマイルドな味わいに。^^
合わせるのはパンでもごはんでも♪

3分半圧力をかけてから少し煮詰めただけなのに、鶏肉がほろほろっと骨から
はがれる程柔らかくなって、これには感激!!
今まで時間をかけてコトコト煮込んでいた私は一体何だったの~?
圧力鍋ってすごい・・・・。

シリットの圧力鍋は上下に動く圧力表示ピンが付いているので、その動きさえしっかり
見ていれば「加圧開始」、「加圧終了」を簡単に、そして正確に判断できます。
操作性にも優れているって大事なことですよね。^^

◇材料◇
手羽元・・・・10本
じゃがいも・・・・3個
にんにく・・・・1かけ
水・・・・500cc
白ワイン・・・・100cc
○タイム・・・・適量
○ローリエ・・・・適量
○クミン・・・・小1
○ガラムマサラ・・・・小1
マスタード・・・・大1と1/2
生クリーム・・・・大2
塩、黒こしょう・・・・適量
サラダ油・・・・適量

f0184049_905746.jpg

圧力表示ピンが上がりきったら火を弱めて加圧、火を止めてピンが下がりきったら
圧力が抜けたサイン、蓋を開けられます。

◇作り方◇
①鶏肉は皮と骨の間に包丁で切り込みを入れ、塩、黒こしょうをよく擦り込む。
  じゃがいもはよく洗い、一口大に切る。(新じゃがを使ったので皮はそのまま)
  にんにくは包丁の腹で潰す。タイムを細かく刻む。
②圧力鍋を熱し、サラダ油、にんにくを入れて香りをじっくり移して取り出す。
③火を強めたら鶏肉の皮を下にして焼く。こんがり焼き色が付き、動かせるように
  なったら、転がしながら全体を焼く。
④水を注ぎ、煮立ったら浮いてきた余分な脂やアクを掬う。
  白ワイン、○、じゃがいもを加えて、塩、黒こしょうで味を整え蓋をする。
  圧力鍋のレバーを2にセットして強火にかける。圧力表示ピンの2本目の白い
  ラインが見えたら火を弱めて3分半加熱する。火を止めて自然放置する。
⑤ピンが完全に下がりきったら蓋を開け、弱めの中火でスープを煮詰める。
  (お好みでじゃがいもを一度取り出しから煮詰め、後で戻す。)
⑥仕上げにマスタード、生クリームを加えて軽く煮たら出来上がり♪

◇memo◇
*クミンとガラムマサラがなければカレー粉で代用可。
*スープの塩は少し控えめに。マスタードを入れても味がぼやけるようであれば
  足してください。


f0184049_913174.jpg

先日のレポートで書き忘れましたが、シリットの圧力鍋は加圧中の音が静かなことも
特徴だとお聞きしました。
実際に家で使ってみても、本当に気にならないくらいの静音です。

それと、圧力鍋なので、やっぱり重さはあります。^^;
でも、使っているうちに「圧力鍋だったらこんなもんか~」と思うようになり、あまり気に
ならなくなりました。要は慣れ、です。^^
むしろこれくらいの重厚感があってこその圧力鍋、安心すると言うか・・・。

表面がツルツルしているので、汚れは簡単に落とせます。
しかも浅型なので、お手入れは抜群に楽!
洗い物、あっと言う間に終わりますよ~♪

シリットの圧力鍋、ただ今ヘビロテ中!

++++気まぐれレシピで作ってくれました♪++++

♪ keitonさん「ショコラ・オランジェ」を作ってくれました。
  お客様のおもてなしの一品に♪ 丸型で作るのもいいな~。^^
  ありがとうございます。^^


コメントのお返事は、ブログのお持ちの方へは訪問した際に、ブログをお持ちでない方には
本日の記事でさせていただきます。


↓ランキングに参加しています。訪問の記念にぽちぽちっと2クリックお願いいたします。
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2010-05-10 09:19 | メイン(中華・その他)

鶏肉とたけのこのクリーム煮

f0184049_7465376.jpg


2本目のたけのこに突入しました。
シーズンが終わるまでにあとどれくらい食べられるかな~と指折り数えてみたりして。^^

巨大なサイズを選んでいるわけではないので、2人でも1本なんてあっと言う間に
食べ切ってしまいます。うちの夫もどうやらたけのこが好きなようで・・・。

1部でたけのこご飯を作り、残りの使い道がこちら。
中華味、豆乳で作ったクリーム煮です。
普通のクリーム煮ではつまらないので、擦りごまとラー油を入れてみました。
これがこのレシピのポイント♪
香ばしくて、ピリっと辛くて、すごくごはんが進みます。

ボリューム感はあるけど鶏肉は胸肉を使っているし、カロリーはそこそこ控え目だと
思います。片栗粉を塗してから焼いているので、パサパサ感は気になりません。

せっかくカロリー控え目なのに、ごはんをたくんさん食べたら全く意味がないんだけど・・・。(笑)

◇材料◇
鶏むね肉・・・・1枚
(塩、黒こしょう、片栗粉)
たけのこ・・・・200g程度
ちんげん菜・・・・2株
しいたけ・・・・4枚
長ねぎ・・・・10cm程度
生姜・・・・適量
水・・・・200cc
豆乳・・・・100cc
鶏ガラスープの素・・・・大1/2
酒・・・・大2
塩・・・・小1/2
黒こしょう・・・・適量
擦りごま・・・・大1と1/2
サラダ油・・・・適量
ラー油・・・・適量

中華料理のメインって、材料が異様に多くなるのよね・・・。^^;

f0184049_7472854.jpg

◇作り方◇
①鶏肉は分厚いところに切り込みを入れて観音開きにしてから、一口大に削ぎ切りにする。
  塩、黒こしょう振り、茶漉しを使って片栗粉を薄くまぶす。
  長ねぎと生姜はみじん切り、たけのこは短冊切り、しいたけは2等分、ちんげん菜は
  3等分の長さに切る。
②フライパンにサラダ油を熱し、鶏肉を焼く。焼けたら一度取り出す。
③フライパンをキッチンペーパーでさっと拭き取り、再度サラダ油を熱して生姜を炒め、
  香りが立ってきたら長ねぎを炒める。
④たけのこ、しいたけを加えて炒めたら、取り出した鶏肉を戻す。
⑤水、酒、鶏ガラスープの素を入れて煮る。煮立ったら豆乳を入れてさらに煮る。
⑥ちんげん菜の固い部分を先に入れ、次に葉の部分を入れる。
⑦塩、黒こしょうで味を整え、水溶き片栗粉でとろみをつける。(片栗粉大1+水大2)
⑧仕上げに擦りごま、ラー油を入れてざっと混ぜたら出来上がり♪

◇memo◇
*辛い物が苦手な場合、ラー油の代わりにごま油を使って下さい。

f0184049_7475984.jpg


レシピの分量だと、3人分くらいになります。


コメントのお返事は、ブログのお持ちの方へは訪問した際に、ブログをお持ちでない方には
本日の記事でさせていただきます。


↓ランキングに参加しています。訪問の記念にぽちぽちっと2クリックお願いいたします。
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2010-04-05 07:52 | メイン(中華・その他)

コチュ味噌照り焼きチキン oishii

f0184049_7562929.jpg


みんな大好き照り焼きチキン♪

と、お約束のフレーズで始まるこのシリーズも随分久しぶりです。
(覚えている方、あなたは偉いっ!笑)

今回はコチュジャンとお味噌を合わせたタレを使い、韓国料理風に。
以前作った時(ブログ非公開)は、焼肉屋さんに倣いサンチュに巻いて食べたのですが、
今回は私の好きな丼物、ビビンバに乗せてみました。
お野菜も一緒に摂れるし、これははまりそうっ!
かなり気に入っています。^^

◇材料◇
鶏もも肉・・・・1枚
**照り焼きのタレ**
コチュジャン・・・・大1
味噌・・・・大1
ハチミツ・・・・大1/2
酒・・・・大1
水・・・・大1
にんにく擦りおろし(チューブ入り)・・・・小1
ごま油・・・・小1

◇作り方◇
①鶏肉は余分な脂を取除き、分厚いところに切り込みを入れて厚さを均一にする。
 縦2等分に切る。○を合わせておく。
②テフロンのフライパンを熱し、鶏肉の皮側から焼く。こんがり焼き色が付いたら
  裏返し、余分な脂をキッチンンペーパーで拭き取る。
③蓋をして弱火に落とし、中までしっかり火を通す。
④蓋を外し、合わせておいた○をじゃっとかけて全体的にタレを絡ませたら出来上がり♪

出来立てほやほやの図。フライパンに残ったタレもかけましたよ♪
f0184049_7572233.jpg



そうそう、ビビンバ、考えていた完成図と何かが違うな~と思っていたら、「糸唐辛子」を
乗せるのを忘れてしまった~・・・。^^;


++++気まぐれレシピで作ってくれました♪++++

♪ ままんさん「トマトと味噌のラグーパスタ」を作ってくれました。
  最初に作っていただいた時、リピ決定♪と仰っていたけど、本当にリピしてくれて・・。
  
♪ tonkichiさん「焼き芋きんとん」を作ってくれました。
  さつま芋が手に入ったからと、昔のレシピを探し回ってくれたのかな?

♪ エムさん「かじきまぐろのソテー ハニーマスタードソース」を作ってくれました。
  オシャレな夕食の一品に加えてくださいました。^^


その他、ブログをお持ちでない方からも作りました!と度々報告を頂いています。
なんだかすごく嬉しいわ・・・・。^^

皆さーん、本当にありがとうございます!!


コメントのお返事は、ブログのお持ちの方へは訪問した際に、ブログをお持ちでない方には
本日の記事でさせていただきます。


↓ランキングに参加しています。訪問の記念にぽちぽちっと2クリックお願いいたします。
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2010-03-16 08:22 | メイン(中華・その他)

蒸し鶏とそら豆のねぎ塩和え oishii

f0184049_6481860.jpg


以前、お友達のkeitonちゃんが自分のことを「ねぎ女」呼ばわりしている記事を
読んで、そのフレーズに思わず笑ってしまったことがあったけど、他人事ではなく、
間違えなく私も「ねぎ女」に属していると思う。(笑)
長ねぎ、青ねぎ共に冷蔵庫には欠かさないようにしているし、たっぷりと切り刻んでは
何かとお料理に使う日々。

ねぎを使うレシピをアップすると、ねぎ好きよ♪とコメントを頂くこともあるし、
何気にねぎ女人口はそこそこ多いんじゃないかと思っていますが、どうでしょう?^^

前置きはさておき、蒸し鶏とそら豆をお馴染みのねぎ塩ダレで和えた1品。
食べながら、やっぱりこの味好きだわ~♪とねぎ女は強く思うのでした。(笑)

◇材料◇
ささ身・・・・2本
そら豆・・・・15粒程度
長ねぎ・・・・12cm程度
○鶏ガラスープ・・・・小1/2
○水・・・・大1~2
○酒・・・・大1
レモン汁・・・・大1
ごま油・・・・大1
塩、黒こしょう・・・・適量

◇作り方◇
①ささ身を耐熱皿に置き、酒(分量外)を振りラップをして電子レンジにかける。
  粗熱が取れたら手で裂く。そら豆は塩茹でしてさやから取り出し、ささ身と共に
  ボウルに入れる。
  長ねぎはみじん切りにする。
②フライパンにごま油を熱し、長ねぎを炒める。しんなりしたら、○を加える。
③黒こしょうを挽き、味を見て塩で調整し、レモン汁を加える。
④1のボウルに③をかけ、よく混ぜ合わせたら出来上がり♪

◇memo◇
*ほんのり温かくても冷たくても、どちらでもいける味です。
*ごま油は大1/2程度に減らしても大丈夫です。
*お好みで大葉を添えてどうぞ♪


f0184049_64989.jpg


先日母と話をしていたら、私が作るものはおつまみ系が多いと言われました。
さすが、よく分かっていらっしゃる・・・。^^;
今回のレシピも「つまみ」というイメージが拭えないので、せめてトマトにでも
乗せて、かわいらしくおめかしを。

でも見た目を変えたところで、お酒のあてということには変りないわね。^^;


++++気まぐれレシピで作ってくれました♪++++

♪ kettleさん「きゃべつと油揚げの海苔塩炒め」を作ってくれました。
  レシピをアップした当日に「作りました!」と早速報告が・・・。
  なんて嬉しいことなんでしょう~♪ありがとうございます。^^


コメントのお返事は、ブログのお持ちの方へは訪問した際に、ブログをお持ちでない方には
本日の記事でさせていただきます。皆さんいつもありがとう!


↓ランキングに参加しています。訪問の記念にぽちぽちっと2クリックお願いいたします。
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2010-03-15 06:55 | 副菜(和食)

タンドリーチキンビーンズ oishii

f0184049_7121797.jpg


自分が作ったお料理のタイトルを考えるのが苦手。^^;
(センスがないのよね、センスが・・・・。)

どんなお料理なのか解説しますと、タンドリーチキンとお豆としめじの炒め物です。
写真を見れば分かるか・・・。(笑)
使っている材料をそのまま羅列すると長いからこんな名前にしてみました。

タンドリーチキンは本来オーブンやグリルで焼くものですが、全体的に味を馴染ませる
為にフライパンで焼いちゃいました。
火が強いと焦げるしマリネ液が飛び跳ねるので、加熱時は注意が必要です。

◇材料◇
鶏胸肉・・・・1枚(約300g)
塩、黒こしょう・・・・適量
**マリネ液**
ヨーグルト・・・・100cc
カレー粉・・・・小3
パプリカ(粉末)・・・・小1
にんにく擦りおろし・・・・ひとかけ分
生姜擦りおろし・・・・適量
玉ねぎ擦りおろし・・・・1/4個分
はちみつ・・・・大1
レモン汁・・・・大1

豆(水煮)・・・・100g
しめじ・・・・1パック
サラダ油・・・・適量

◇作り方◇
①鶏肉に塩、黒こしょうをよく擦りこみ、一口大に削ぎ切りにする。
  マリネ液を合わせ、鶏肉と共にジップロックなどに入れてよく揉み込み、
  密封して冷蔵庫で最低でも半日寝かせる。(一晩置くとさらに味が染みます。)
②フライパンにサラダ油を熱し、①の皮側から焼く。(強火注意!)
③鶏肉に火が通ったら、石突を取ってわりほぐしたしめじ、豆を入れて炒める。
  全体に味が馴染んだら仕上げに黒こしょうを挽いて、出来上がり♪

◇memo◇
*器に盛ってからパプリカパウダーを振りました。

f0184049_7125388.jpg


鶏肉、牛肉、豚肉のお気に入りランキングで鶏肉が最下位だと言う夫が、随分気に入った
ようでした。いつも鶏肉料理には気を遣うんですよ。^^;

ふと、このメニューの材料費をざっくり計算してみると・・・・。

胸肉300g=130円
しめじ1パック=98円
ミックスビーンズ140gで93円の物を100g=約66円

130円+98円+66円=294円(笑)

他にも玉ねぎやらにんにくやら使っているけど、調味料の費用を合わせても400円以内で
収まっています。


すっごく経済的!!


コメントのお返事は、ブログのお持ちの方へは訪問した際に、ブログをお持ちでない方には
本日の記事でさせていただきます。皆さんいつもありがとう!


↓ランキングに参加しています。訪問の記念にぽちぽちっと2クリックお願いいたします。
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2010-03-09 07:25 | メイン(中華・その他)

BBQチキン oishii

f0184049_845262.jpg


タレに漬け込んでグリルで焼くだけなのでお手軽です。^^

お肉のタレやソース、市販品を買うと持て余しがち。
間違えのない味になることは分かっているけど、いつまでも冷蔵庫の中で眠らせて
しまうので、ここ数年買わなくなりました。

お料理ブログを始めてから、モニターをやってみたり、自分で興味を持つようになって
スパイスやハーブ各種が随分揃いました。引き出しの中がパンパン~。
調味料にちょっと加えると、より本格的な味になる上、気分次第で色んな味を作り出せる
のが魅力。市販品に頼らなくても何とかなるものだな~と気づけたのは大きな収穫です。
とは言えまだまだ修行の身、使いこなせているとは言い切れないけど・・。^^;

BBQソースはケチャップとウスターソースにチリパウダーとパプリカパウダーを加えました。
それほど主張はないけど、どことなくワンランク上の味に仕上がった気がします。

◇材料◇
鶏手羽元・・・・10本
塩・・・・適量
黒こしょう・・・・適量
ケチャップ・・・・大3
ソース・・・・大2
にんにく(擦りおろし)・・・・ひとかけ
玉ねぎ(擦りおろし)・・・・1/4個
はちみつ・・・・大1と1/2
レモン汁・・・・大1
タバスコ・・・・小1
パプリカパウダー・・・・小1
チリパウダー・・・・小1
サラダ油・・・・大1

◇作り方◇
①鶏肉はフォークで数箇所突き刺し、塩、黒こしょうを擦り込む。
②ケチャップからサラダ油までを全て合わせ、鶏肉と共にジップロックに入れて揉み込む。
  密封して冷蔵庫で最低でも半日は寝かせる。
③クッキングシートを敷いたオーブンの天板に油を塗った網を置き、②を並べてグリル機能で
  焼く。途中2回程度、刷毛で残ったタレを塗る。向きを変えながら全面的に焼き色が付いたら
  出来上がり♪(焼き時間は30分くらい)

◇memo◇
*塩はしっかり擦りこみます。
*ソースはお好みで中濃ソースでも。


f0184049_8464910.jpg


甘めの味が後を引きますよ♪


++++気まぐれレシピで作ってくれました♪++++

♪ gfrogさん「海の幸ときのこのジェノベーゼチーズ焼き」を作ってくれました。
  いいお出汁が出ましたよ!ってコメントを頂きました。ありがとうございます♪
  

コメントのお返事は、ブログのお持ちの方へは訪問した際に、ブログをお持ちでない方には
本日の記事でさせていただきます。皆さんいつもありがとう!



↓ランキングに参加しています。訪問の記念にぽちぽちっと2クリックお願いいたします。
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2010-03-02 08:52 | メイン(洋食)

鶏肉ときゃべつの白ワインビネガー煮込み oishii

f0184049_1074615.jpg


冷蔵庫のスペースを取っていたきゃべつの消費対策メニューです。

カットされたお野菜って丸ごと買うより割高だわ・・・と思うとついつい”丸ごと”を選んでしまう私。
徒歩でスーパーに行ったって、きゃべつが必要な時は1玉を買うことが多いです。
他の荷物もあって重い・・・と嘆きながら歩いてるおかげで、腕力も随分鍛えられたような・・・。(笑)

でも、冷蔵庫のスペースを開けるために、後々必死になって消費しているんだから、果たして
どちらが賢い選択なのか、分からなくなる時があります。(笑)

前置きが長くなりましたが、私は酸味の効いた食べ物が大好き。
和え物も炒め物も煮込み料理も全部好きなので、お酢の類は季節問わず、よく消費している
方だと思います。

白ワインビネガーを加えたスープで、鶏肉とキャベツを煮込みました。
お酢を使う煮込み料理は、程良い酸味でさっぱりとした味に仕上がるだけでなく、お肉が
とても柔らかくなってくれるところも重要ポイント。

固形スープの素は使わないレシピです。
にんにく、玉ねぎ、ハーブを使い、塩味を効かせれば味気なさは十分補えます。

◇材料◇
鶏もも肉・・・・300g~350g
きゃべつ・・・・5枚くらい
玉ねぎ・・・・1/2個
にんにく・・・・1かけ
ブーケガルニ・・・・1袋
白ワインビネガー・・・・50cc
水・・・・400cc~
生クリーム・・・・大2
塩・・・・適量
黒こしょう・・・・適量
オリーブオイル・・・・適量

f0184049_1082768.jpg


◇作り方◇
①鶏肉は余分な脂を取除き、一口大に切って塩、黒こしょうをする。
  にんにくはみじん切り、玉ねぎはくし切り、キャベツは細切りにしておく。
②フライパンを熱し、鶏肉の皮側から焼く。焼き色が付いたら裏返して同様に焼く。
  煮込み用のお鍋に移す。
③②のフライパンをキッチンペーパーでさっと拭き取り、オリーブオイルを弱火で熱し、
  にんにくを炒める。香りが立ってきたら玉ねぎをしっかりと炒める。
  続いてきゃべつを入れてしんなりしたら煮込み用のお鍋に移す。
④お鍋に火を付け、水を入れる。煮立ってアクが出ればすくう。
  ブーケガルニ、白ワインビネガー、塩、黒こしょうを入れて弱めの中火~中火で煮込む。
  (途中で水が少なくなれば、差し水をします。)
⑤スープが少なくなってきたら、ブーケガルニを取り出し、生クリームを加える。
  ひと煮立ちさせたら出来上がり♪

f0184049_109136.jpg



レシピを書き終わった物から順番にアップしていたら、洋食が続いてしまいました。
明日も洋食(副菜)を予定しているんですよ。^^;
洋食が終わったら、次は和食が続きそう・・・。


コメントのお返事は、ブログのお持ちの方へは訪問した際に、ブログをお持ちでない方には
本日の記事でさせていただきます。皆さんいつもありがとう!



↓ランキングに参加しています。訪問の記念にぽちぽちっと2クリックお願いいたします。
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2010-02-03 10:13 | メイン(洋食)

手羽大根の味噌煮

f0184049_927187.jpg


鶏手羽に大根というゴールデンコンビの煮物、定期的に食べたくなります。

以前にもお醤油xバルサミコ、お醤油xカレー粉で味を付けた2パターンほどご紹介していますが、
今回は味噌煮。
ご飯やお酒が進むこっくり味噌味に、バルサミコ酢を加えました。
ただでさえ煮込めば骨はがれがよくなって柔らかくなる鶏肉の煮物、お酢を加えることでさらに
柔らかく仕上がります。^^


f0184049_9283187.jpg



◇材料◇
鶏肉手羽元・・・・5本
大根・・・・1/3本(細身のもので)
生姜・・・・適量
出し汁・・・・500cc程度
砂糖・・・・大1と1/2
みりん・・・・大1
酒・・・・大3
味噌・・・・大2と1/2
バルサミコ酢・・・・大1

白髪ねぎ、クレソンなど

◇作り方◇
①大根は2cm~2.5cmくらいの厚さに切り、皮を剥く。半月切りにして面取りをする。
  柔らかくなるまで下茹ででする。
  手羽元は切り込みを入れて熱湯でさっと湯がき、水で洗ってザルに上げておく。
  生姜はスライスしておく。
②お鍋に出し汁、生姜、手羽元を入れ、煮立ってアクが出てくればすくう。
③②に砂糖、酒、味噌、バルサミコ、大根を入れ、再び沸騰したら中火に落とし、落し蓋をして煮る。
④途中で落し蓋を外す。みりんを加えたら火を強め、たまにお鍋をゆすりながら煮汁が少なくなるまで
  煮詰める。
⑤器に盛り、白髪ねぎ、クレソンを乗せたら出来上がり♪



f0184049_9302939.jpg



煮物って丁寧に作り込むと、手抜きした時に比べて仕上がりの違いがはっきり分かるお料理
だと思います。

粉末の出汁を使う場合と、自分で出汁を取った場合では味の奥行も違うし、下ごしらえをきちんと
すれば臭みが取れたり味の染み込み方も違うし、お野菜の面取りもきちんとすると、煮崩れも
防げるし、そう簡単に煮崩れしない大根ですら、面取りをすると器に盛り付けた時、視覚的に
柔らかな印象を受けたり。

毎回こうして作っているわけではありませんよ。^^;
手抜きをすることだって多いにあります。

煮物の作り方に”愛情レシピ”、なんてサブタイトルが付けられることがよくありますが、これには納得。
手間隙かけて作る煮物には、それなりの美味しさが約束されているなって思うのです。^^

ちなみに、私はどういうわけか大根の面取りが好きです。
面取り作業そのものが好きなわけじゃなくて、面取りされてよく煮えた姿が好きと言った方が
正しいかな~。^^


++++気まぐれレシピで作ってくれました♪++++

♪ tonkichiさん「オニオンパプリカドレッシング」を作ってくれました。
  さすが、仕事が早い~!いつもつくレポ、ありがとう♪

♪ nekonohana0330さん「根菜の和風ドライカレー」を作ってくれました。
  美味しく出来ました!とおっしゃっていました。嬉しいわ~。^^ありがとうございます!




コメントのお返事は、ブログのお持ちの方へは訪問した際に、ブログをお持ちでない方には
本日の記事でさせていただきます。皆さんいつもありがとう!



↓ランキングに参加しています。訪問の記念にぽちぽちっと2クリックお願いいたします。
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2010-01-23 10:00 | メイン(和食)

中華な手巻きローストチキン oishii

f0184049_21112734.jpg


パーティーにオススメの手巻き寿司ならぬ、手巻きチキン!

北京ダックをイメージして、お手軽な家庭料理にアレンジしてみました。^^

八角の香りを効かせたマリネ液に半日漬け込んだ鶏肉を、オーブンでこんがりと焼き上げました。
うちの非力なオーブンでも皮がパリパリに焼けてくれたので、ちょっと嬉しい。^^

マリネ液にはオイスターソースとお醤油を使い、しっかり味に。
多少は冷めても美味しくいただけます。冷めると皮のパリパリ感がなくなっちゃいますけどね。^^;
パーティーの時って時間をかけて食事をするわけだから、少しくらい冷めても大丈夫、な
メニューは重宝するものです。^^

忘れてはいけないのが、薬味セット!
白髪ねぎ、大葉、かいわれ大根、薬味じゃないけどきゅうり・・・・と並べてみると、

「これって、手巻き寿司と同じじゃないの!!」(笑)

というわけで、手巻きチキンと名付けることにしました。^^;

唯一違うのはわさびでなくからしを使うこと。
こっくり中華味のチキンにはからしがぴったりです♪

「本格派ねりスパイスでおうち居酒屋」レシピモニター参加中☆


北京ダックと言えば、薬味と一緒に包む皮も必要ですよね。
捏ねて寝かせて、2枚重ねて焼いてはがして・・・という作業がちょっぴり手間なので、簡単に作れる
もので代用しています。

f0184049_21121561.jpg



◇材料(2人分)◇
鶏もも肉・・・・1枚
**マリネ液**
八角・・・・3片
ハウス特選生しょうが・・・・小2
紹興酒・・・・大1
オイスターソース・・・・大1強
醤油・・・・大1強
はちみつ・・・・大1
ごま油・・・・大1/2
好みの生野菜、ハウス特選からし・・・・適量

**皮**
薄力粉・・・・1と1/2カップ
強力粉・・・・1/2カップ
水・・・・2カップ
サラダ油・・・・大1
塩・・・・小1/2

*薄力粉のみでももちろん可。

◇作り方◇
①鶏肉は余分な脂を切り落とし、分厚いところに切り込みをいれ厚さを均一にする。
  縦に二等分したら、合わせたマリネ液と共にビニール袋に入れて、半日程度おいておく。
②天板にクッキングシートを引き、汁気を切った①を乗せて200℃~220℃のオーブンで
  30分程度焼く。
  (途中で数回、出てきた汁をかける。最後に上部のみ火力を強めました。)
③皮の材料をボウルに入れてぐるぐるかき混ぜる。10分置いて馴染ませる。
④油を引かないフライパンに③をお玉ですくって円形に流し込み、皮を作る。
⑤焼き上がった鶏肉を一口大に切り、④の皮、好みの野菜、からしを添えたら出来上がり♪


f0184049_21124890.jpg


皮に具を乗せて、鶏肉にからしを塗ってから包んでいただきます♪

メニュー構成にもよりますが、品数多いパーティーの席に登場させる前提ならば、大き目の鶏肉
1枚で、4~5人くらいでシェアできそうですよ。^^
うちは他のおかずが乏しかったので、2人で食べましたけどネ。(笑)



楕円リム皿: 山本哲也
取り皿: 横山拓也



コメントのお返事は、ブログのお持ちの方へは訪問した際に、ブログをお持ちでない方には
本日の記事でさせていただきます。皆さんいつもありがとう!


↓ランキングに参加しています。訪問の記念にぽちぽちっと2クリックお願いいたします。
皆様の応援が大変励みになります。^^

 にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
いつも応援ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね♪

by marron_coron | 2009-12-17 21:25 | メイン(中華・その他)